Members interview
ネオス法人ソリューションのメンバー
Salesforceを活用したソリューションで、
お客様の課題を解決します。
クラウド
佐藤 夕佳

お客様はもちろん、ネオスも自分もハッピーになれるビジネス

ネオスで担当している業務について教えてください。
佐藤 クラウドインテグレーショングループでは、クラウドサービス(PaaS、SaaS)を用いたソリューションを提供しており、主にSalesforce、kintoneを活用したシステム構築、運用/保守を行っています。 ネオスは2018年6月、Salesforceのコンサルティングパートナーに認定されました。私はパートナー認定の準備段階からSalesforce関連業務に携わっており、 現在ではSalesforceを活用して、お客様の課題や要望に対するソリューションを提案したり、Salesforceを使った自社サービスの企画や社内調整、またグループ全体としての戦略方針の立案・実施などの業務を担当しています。

また、Salesforceはユーザ・パートナーのコミュニティ活動が非常に活発なので、 最新情報の収集やネットワーク拡大などのために参加し、現在では一部運営にも携わっています。

資格などはお持ちでしょうか?
佐藤 Salesforce認定資格
・アドミニストレーター
・Platformアプリケーションビルダー
・SalesCloudコンサルタント

情報セキュリティマネジメント

ITパスポート

いずれも、ネオスへ入社してから取得した資格です。

業務の流れについて教えてください。
佐藤 受託案件については、 まずお客様との打ち合わせで課題や要望をヒアリングし、その内容を基に基に提案・見積をしています。

クラウドサービスは日々新しい製品・サービスが出てくるので、お客様側で使用するサービス(Platformなど)が決定していない場合は、Salesforce/kintone/その他製品などから、課題解決に最適なツール選定も行っています。 受注後は要件定義に参加し、プログラミングが不要な部分の開発や、設計書やマニュアル等のドキュメント作成、定着化支援などコンサルティング部分の対応をしています。

また、Salesforceやkintoneには機能拡張できるアドオン製品がいくつもあり、ネオスでもその製品を自社サービスとして展開していく検討も進めています。

いま沢山のアイディアがあるので、マーケット情報などを基に優先して開発する製品を決め、開発・販売方法などの企画を日々練っています。

業務における楽しさや難しさについて教えてください。
佐藤 Salesforceに関して、ネオスでは新しく挑戦していく分野であったので、私がSalesforceの担当になった直後は社内に詳しい人もおらず何も分からないことばかりで、とても苦労しました。

ウェビナーを見たり、ユーザ会など参加することで徐々に知識を増やしていき、非IT人間だった私でもノンプログラミングでメールの自動送信設定ができたときはとても嬉しかったです。

また、Salesforceの画像解析AIを活用したアプリでコンテストに出品した時は、企画段階から写真集めや設定等が初めてのことばかりでとても大変でしたが、皆の力で作ったもので大賞を受賞できたときの喜びは格別でした!

セールスフォース・ドットコム主催ビジネスプランコンテストでネオスが大賞を受賞!

ゴミ分別スマホアプリ「Gomi SAMURAI」が「自治体向け AppExchange ビジネスプランコンテスト」大賞を受賞!

今後チャレンジしたいことなどを教えてください。
佐藤

2018年のSalesforce World Tour Tokyoの基調講演に登壇させて頂き、米国共同創業者パーカー・ハリスさんから「Golden Hoodie」を授与されました。 これは世界で30名ほど、日本では3人目の授与で、Salesforceにより人生やビジネスに変革を起こした人へ贈られるものです。とはいえ、私にはまだまだ足りない部分があるので、「Golden Hoodie」に恥じないよう知識や英語力等を身につけたいです。

また、その知識を駆使することでお客様の要望に沿ったソリューションやツールを提供し、お客様はもちろんネオスも自分もハッピーになれるビジネスを展開できるよう頑張っていきたいと思っています!