Hitoshi Tsushida

オフショア開発

ベトナムでのオフショア開発案件の管理を担当しています。

ネオスで担当している業務について
教えてください。

まず日本側で受託案件の要件定義や仕様検討を行い、ベトナム側へのインプットとなるドキュメントを作成します。 日本とベトナムの業務分担は、日本側が上流工程(要件定義~基本設計)を行い、ベトナム側で詳細設計以降を担当するスタイルが多いです。 ベトナム側では詳細設計書の作成、開発、テスト仕様書作成、テスト実施を行いますが、ベトナム側の成果物のレビューは日本側で行い品質検査を実施します。

また、日本チームはプロジェクト管理が主体の業務なので、顧客や各開発拠点との調整を行い、プロジェクトの統制と推進を行います。 オフショア開発では、ウォーターフォール開発とアジャイル開発どちらでも対応できます。

ベトナムでのウォーターフォール開発とアジャイル開発の進め方にはコツがあるのですが、それを熟知しているので、お客様の状況に合わせた柔軟な対応が可能です。

また、ベトナム人との普段のコミュニケーションは日本語で行っています。 日本にいるベトナム人エンジニアはもちろん、ベトナム側にいるBrSEは日本語能力の資格を持っており、ストレスを感じることはありません。

業務はどのような流れで進めるのですか?

まず日本側で受託案件の要件定義や仕様検討を行い、ベトナム側へのインプットとなるドキュメントを作成します。 日本とベトナムの業務分担は、日本側が上流工程(要件定義~基本設計)を行い、ベトナム側で詳細設計以降を担当するスタイルが多いです。

ベトナム側では詳細設計書の作成、開発、テスト仕様書作成、テスト実施を行いますが、ベトナム側の成果物のレビューは日本側で行い品質検査を実施します。

また、日本チームはプロジェクト管理が主体の業務なので、顧客や各開発拠点との調整を行い、プロジェクトの統制と推進を行います。 オフショア開発では、ウォーターフォール開発とアジャイル開発どちらでも対応できます。

ベトナムでのウォーターフォール開発とアジャイル開発の進め方にはコツがあるのですが、それを熟知しているので、お客様の状況に合わせた柔軟な対応が可能です。

また、ベトナム人との普段のコミュニケーションは日本語で行っています。
日本にいるベトナム人エンジニアはもちろん、ベトナム側にいるBrSEは日本語能力の資格を持っており、ストレスを感じることはありません。

日本とは異なる土地・文化・人に触れながら仕事をする

日本とは異なる土地・文化・人に触れながら仕事をすること自体が楽しいと感じています。
ベトナム人の性格は日本人に似ていると聞きますが、実際にそうだなと感じることがあり、親近感も湧きます。
仕事上の対立はあっても、一緒にご飯を食べに行きますし、楽しく仕事ができています。 難しさはコミュニケーションでしょうか。
これは言語によるコミュニケーションではなく、仕事の依頼と結果に対するギャップのことです。

仕様書や設計書に書かれていないことをどうやって伝えるか?理解してもらえるか?実施してもらうか?この課題を解決すべく日々奮闘しています。

今後どんなことにチャレンジしたいですか

オフショア開発の拡大と日本側との連携強化です。
新規案件や既存案件の拡大と継続、日本側の保守案件を引き受けられる体制の構築、PMO強化を図っていきたいです。
最先端の技術や開発手法を駆使したプロフェッショナル集団であり、ネオスグループを一番に支える部隊としての存在感をアピールしていきたいと思います。