「まなびwith」向け
英語学習コンテンツの開発

教育

クライアント
株式会社小学館集英社プロダクション
種別
デジタルコンテンツ
対応デバイス
PC、スマホ、タブレット
URL
https://manabi-with.shopro.co.jp/course/sho6/materials/

小学館集英社プロダクションの英語教材
「スゴロク ENGLISH」の制作を担当

「スゴロクENGLISH」は、RPG風のスゴロク型アドベンチャーゲーム。
「文字」の単位で音を聞き、発音することで、難しかった「英語の音を正確に聞き取り、発音できる力」「英単語を自力で正確に読める、書ける力」が身についていきます。

できるだけ飽きずに
長く楽しめるしかけを用意する

リタラシーメソッドのカリキュラムで英語を学べることはもちろんですが、先生がいないので、わかりやすく一人でも楽しめるものにすることが最も重要なご要望でした。
また、英語の音にたくさんふれることが大切なので、復習や発音の練習が何度もできるようにする必要がありました。単純にゲームに組み込むと同じことを淡々と繰り返すことになり、途中で飽きてしまいます。小学3~6年生向けなので、できるだけ飽きずに長く楽しめるしかけを用意することも大きな課題でした。

わかりやすく長く楽しめるゲーム形式は何か
小学館集英社プロダクション様と一緒に検討

まずはわかりやすく長く楽しめるゲーム形式は何かということと、小学館集英社プロダクション様と一緒に検討いたしました。
その中で誰もが一度はやったことがあって、一般的にルールが浸透しているものがよいだろうと考え、当てはまるゲーム形式をピックアップしていきました。
ゲーム形式が決まった後は、カリキュラムをしっかり理解し、どう組み込めば、しっかり学べて、かつ飽きずに長く楽しめるかを検討しました。

ゲームを楽しむことで自然に学べるしくみ

長く飽きずに楽しめるスゴロク形式のゲームをご提案いたしました。スゴロク形式はだれもが一度はやったことがあり、ルールが浸透していますし、出目や進む方向で発生するイベントが変わるため、繰り返し遊ぶことができます。
また、カリキュラムの3つの柱であるアルファベット、音韻、フォニックスをそれぞれ「文字の魔術」「音の魔術」「単語読みの魔術」という主人公の能力にしました。それぞれの魔術をレベルアップすることで新しいエリアに行けたり、ストーリーを進めることができるため、ゲームを楽しむことで自然に学べるしくみができたと考えております。