Yoichi Tanabe

システム開発

サービス開発部に所属し、Webアプリケーションやスマートフォンアプリの
企画支援や開発マネジメントを担当しています。

ネオスで担当している業務について
教えてください。

主な業務内容は、クライアントで策定した企画や要求に対して技術的な観点からサポートをし、
システム化へ向けた要求仕様整理や要件定義を行うこと、また、開発を進めるにあたりプロジェクト管理、設計、ベンダコントロールを行い、プロジェクトが無事に完遂できるよう全体を見ていくことになります。案件規模にもよりますが、複数の案件の企画支援・開発マネジメント・保守を掛けもちすることが多いです。

クライアントの業界は特に限定せず、エンタメ系~金融(Fintech)系まで様々です。
最近では、グループ会社であるジェネシスと協業して、ネオスでアプリケーションを開発、ジェネシスでデバイスを開発するという提案も増えてきています。

業務はどのような流れで進めるのですか?

まず、クライアントにシステム化を行いたい範囲や実現したい機能をヒアリングし、要求仕様を整理します。

アプリケーション観点での機能整理はもちろんですが、サービスの規模、システムの運用方法、データの管理方法等についてはインフラ観点での考慮も必要になります。

また最近では、クライアント側からマイクロサービスアーキテクチャでの構築を希望される場合もあります。 アプリケーション観点、インフラ観点でおおよその規模感が明確になってきたら、開発スケジュール策定と概算見積を実施します。要求仕様を整理する中である程度優先度を確認しておくことで、クライアントの希望するターゲット時期やコストに見合う開発を提案できるようにします。

プロジェクトが立ち上がった後は、要件定義~設計、課題管理、ベンダコントロール等を行い、プロジェクトの円滑な進行に努めます。

クライアントのイメージを掴み、開発ベンダに
正確に伝わるようにすることが、
1番重要であり難しい点だと思います。

クライアントのイメージするシステム像・機能イメージと、こちらがイメージするものがズレてしまわないように、重要な内容については口頭ではなく資料ベースで議論するようにしています。

資料の作成に苦労することもありますが、その中で発生した疑問や課題点をクライアントと共有し、解決に向けて互いに認識を深め合っていくことで信頼関係を築いていけることは楽しさだと思います。

また、1つのプロジェクトでクライアントの信頼を得て、そのクライアントから新たなプロジェクト立ち上げの相談を受けたり、継続的にお付き合いすることで信頼を深めていければ、より安定して業務にあたることができるようになります。

今後どんなことにチャレンジしたいですか

IoTやAIといったキーワードが世に広まって久しいですが、実際のプロジェクトとしてそれが頻繁に活用されるまでには至っていないため、今後機会があれば携わっていきたいと思います。 またジェネシスとのコラボレーションによる自社製品の開発ができれば面白いと思います。