CLIENT INTERVIEW

対等な立場で本音を言い合える
関係性を築き、
信頼できるパートナーに

全日本空輸株式会社

マーケティング室
マーケットコミュニケーション部
デジタルマーケティングチーム

辻はるか様

2015年4月12日にリニューアルされたANA 国内線・国際 線インターネット予約 システ ムについて、ネオスは主要画面のUI設計、デザイン、コーディング、フロントエンド実装を担当 しました。今回、プロジェクトをご担当 された 辻様に、ネオスとの取り組みやプロジェクトへの思い出について、お話を伺いました。

誰でも簡単に操作できるWEBを目指す

今回、ネオスがお手伝いさせていただいた案件について教えてください。

辻様

ANA 国際線航空券予約システムのホスト以降にともない、予約の申し込み同線や画面設計を含めたリニューアルを、約10年ぶりに行うことになりました。そこで、ネオスさんには、リニューアルに向けてのプロジェクトマネジメントと UI 改善をお願いしました。要件や課題をお伝えし、検討を始めたのが2013年4月頃です。それから約半年かけて、ANA、システムを担当するASY(ANA システムズ株式会社)、ネオスさんの3社で毎週数時間に及ぶ打合せを行い、議論を重ねていきました。

150画面を主要な30画面に 絞って、モジュールの組み合わせとして
設計していったそう......ですね。そうやって解決できるというイメージは。

辻様

正直 なところ、ありませんでした。技術的な 観点で、これらの多くの課題をどういった段取りで解決していくべきかイメージできていなかったので、モバイルやWEBに関してのナレッジがあり、新技術 も積極的に取り入れていらっしゃるネオスさんにサポートしていただいたことで、 選択肢 が広がる場面が多々ありました。

ほかにも、我々からの要望や問い合わせに対して、ネオスさんはロジカルかつ明確に「できること」と「制限 をうけること」を説明してくださいました。ASYとシステムやロジックについての情報を共有・連携しながら、「可能だけれども更新性 が下がる」、「一部のブラウザで制限やリスクをともなう」、「UIデザインの観点から、今回は行なうべき ではない」といった具合に、 我々が納得 できるように説明してくださったのです。技術的な観点のみで「できない」と言うのではなく、お客様にとってなぜ適切ではないのか、というUIデザインや情報設計の観点からもご意見をいただき、議論 や決定のプロセスに費やす時間を短縮 できたように思います。

リニューアル前と大きく変わったと実感されたところはどこでしょうか?

辻様

リニューアル前は要素が多かったため、画面が長く文字が小さいなど、けっして見やすいとは言えない状況でした。それはなぜかというと、国際線を予約するにあたり、「お客様に確認すべき事項やご案内すべき事項を、すべて表示すること」が最優先であったため、それらの情報が最初に羅列され、お客様がいちばん見たいであろう運賃の値段や旅程の情報が押し下がっていたからです。

辻様

今回のリニューアルでは、これらの情報を「画面の目的」と「この画面にたどり着いたお客様のメジャーなシナリオ」に応じて、デフォルトで表示すべき案内とそうでないものを振り分け、画面ごとに適切に配置していくように設計しました。そうすることによって、いままでのような、同じ情報や似通った情報が何度も 表示されるということがなくなり、より重要なものをメリハリをつけて表示するように改善できました。お客様にとってはシンプルで使いやすいサイト、我々にとってはお客様にお伝えすべき内容を最適なタイミングで表示できるサイトが実現したということです。

デジタルマーケティングへの挑戦

WEBに関わる仕事をしてからは6年ほ ど経ちますが、デジタルマーケティングに関わり始めたのは最近です。今回、大きなリニューアルに携わるなかで勉強していったUIやデジタルマーケティングですが、個人的には非常に面白い分野だと感じましたし、今後さらに 注目が高まっていく分野だと 思っています。まだ取り組み途上ではありますが、やればやるだけ発見がありますし、可能性を感じ ます。デジタルの世界においては、新しい 技術 が生まれることによって、世の中の流れや 概念が変わったり、サービスやお客様との接し方にも 新しい可能性が生まれて きます。 今後ともネオスさんには、デジタルを活用したアイデアや、データに裏づけされたUI構築など、 先進的なご提案を期待 しています!

ANA 公式サイト

https://www.ana.co.jp